セブ島で日本のカレー【CoCo Ichibanya】日本のココイチそのままのクオリティー

セブ島で日本のカレー【CoCo Ichibanya】日本のココイチそのままのクオリティー

海外移住者が時折無性に食べたくなる日本のカレー。

これまでセブ島では一部の日本食レストランでしか日本のカレーを堪能できませんでした。

日本からカレー粉を持ち帰ってはカレーを自炊しているんですが、こう…トッピングなんかがどうしても寂しくなってしまうんですよね。

このたびそんなセブ島在住者に嬉しいニュース。

マボロ地区にできた新しいモール「Bonifacio District」に、日本のカレーライスチェーン「CoCo壱番屋」がオープンしたようです。

マボロのBonifacio District

マボロのBonifacio District

自宅から近所のモールということもあり、散歩も兼ねて行ってきました。

場所は前述の通り、Bonifacio Districtモールの中にあります。

SYKES近隣のモールはどちらかというとコールセンターの職員向けのお店が多くて、高級なレストランはあまりみかけないのですが、このBonifacio Districtは外国人と富裕層がターゲットです。

高級車がたくさん停まっていて、セブ島のレストランの中では高い価格帯のお店が多いです。

通りに面してあるUCCもそのひとつ。

アヤラモールにもはいっていますが、値段が高めなんですよね。

Bonifacio DistrictのUCCは、日本人や韓国人などの外国人が多いというより、フィリピン人の富裕層で賑わっている印象です。

セブ島でココイチのカレーを堪能

セブ島でココイチのカレーを堪能

Bonifacio Districtに向かって左側の1Fに、CoCo Ichibanyaがあります。

オープンしたばかりだということと、週末だったということもあると思いますが、他のレストランと比べてもとても賑わっていました。

この日は5組待ちしてようやく中へ。

30分くらい待ったでしょうか。

セブ島でココイチのカレーを堪能

注文したのは「Pork Cutlet Omelet Curry ₱360

メニューの写真を取りそこねましたが、シンプルなカレーであれば₱250くらい〜。

今回は注文しませんでしたが、サラダやドリア・ナンなどのメニューもあり種類も豊富です。

フィリピン人が調理していると「フライがベタベタになっていたり、オムレツがずさんなのでは…?」と心配になるものですが、セブ島のココイチはほぼ日本クオリティーです。

セブ島でココイチのカレーを堪能

カツもサクサクでしたし、オムレツもきれいにできていて普通に美味しかったです。

ちゃんと日本米が使われているのも嬉しいですね。

SMシティで吉野家の牛丼を食べたのですが…お米が…あまりにも悲しすぎましたので。

2人で₱800以下のお会計だったので日本で食べるココイチとほぼ同額…と考えると、クオリティーがほぼ日本そのままなので決して高くはないかなという印象です。

というわけで、美味しかったです。

ごちそうさまでした!

CoCo Ichibanya


住所 : 1F F. Cabahug St, Cebu City, 6000 Cebu
Facebook(PH) : CoCo Ichibanya PH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA